2008年06月13日

クレジットカード 後払いのメリット

後払いには、メリットがあります。

ただし・・・そのクレジットカードを利用することによって、誰が手数料を払っているかを知る必要があります。

通常は、クレジットカードを利用しても、翌月や翌々月の支払いとなります。また、最近では、一括払いだけでなく、分割払いが可能となりました。


これは、お金をしっかりと運用できる人にとっては、かなりオトクなシステムなのです。


というのも、今日の1万円と1ヵ月後の1万円の価値は違うからです。
一ヵ月後の1万円よりも、今日の1万円のほうが価値が高いのです。

これについては、簡単に理解できるでしょう。

例えば、1ヵ月後の一万円であれば、回収する側にとっては、回収できないかもしれないリスクがあります。 また、今日すぐに1万円をもらえれば、その1万円を元手に新たに事業への再投資ができ、結果一ヵ月後には、1万2000円になっているかもしれません。

反対に言うと、あなたが、1万円の商品をクレジットで買い物したときには、すぐ払うよりも、1ヵ月後に支払ったほうがトクだということです。


もしも、毎月3%で、お金を運用できたとすると、今すぐ一万円を支払わないで、1ヶ月、その1万円を運用できれば、1ヵ月後には、そのお金は、1万300円になります。つまり、300円の儲けが出るのです。

しかし、すぐその場でお金を支払ってしまっては、3%で運用していれば儲けることができたらであろう300円は、なくなってしまうのです。


posted by で at 16:22| Comment(42) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードのいろいろ

現代に生きている我々は、いろいろなカードを生活のあらゆる場面で使っています。ほとんどの人の財布の中には、お金とともに何かしらカードが入っています。

クレジットカードに限らず、ある取引が消費者からの信頼、もしくは市場での信頼が得られるのは、その公正さによるところが大きいものです。


では、クレジットカードを使うメリットは何でしょうか?

それは、後払いにできるということです。
後払いのメリットについては、次の記事で紹介します。
posted by で at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金の融資

年金融資は、金利体系に注意が必要と見られる。

一戸建て・マンションともに相違はないが、金利の面できめ細かく一般と特別の融資区分が見られます。

しかしながら、年金融資には、注意が必要です。

繰り上げ返済の条件は金融機関で違う。住宅金融公庫の場合、1カ月前に申し込み、100万円以上ならいつでも繰り上げ返済ができる。

年金融資の場合は申し込み先によって変わります。

勤務先を通して借りていれば勤務先の条件になり、各地の年金協会を通して借りていれば、その協会の条件になりますが、協会によっては一括繰り上げ返済しかできないところもあるのです。

例えば、銀行の場合は、返済額の1カ月分単位(ボーナス返済併用の場合は6カ月単位)が多いのです。手数料も金融機関によって異なり、公庫では「期間短縮型」で3150円、「返済額圧縮型」で5250円。年金融資(関東年金協会の場合)は2万1000円。銀行はローンの種類によっても異なり、たとえば変動金利や固定金利なら期間短縮型で3150円、固定金利選択型で期間短縮型なら3万1500円などとなっています。


このように、しっかりと数字を把握しないで、簡単に年金融資に走ってしまうと、後でイタイ目にあうので、注意が必要です。

posted by で at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重債務について

多重債務は、危険です。

年々延滞者の比率は減少していますが、より多く借りた方ほど、その延滞が多く見られています。年収では300万円台が特に目立つのは何とかなると考えてのことだと思います。

よく、収支のバランスを大切にしましょうといわれますが、まさにこの通りです。 いわゆる、金利というは、どんどん増えていきますので、大変になってしまいます。

現在は、グレーゾーンの関係から、司法書士や、税理士が、この問題を解決してくれる場合もありますが、まずは、自分で気をつける必要がありそうです。


posted by で at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。